忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

燦然のソウルスピナ 第三話「聖なる改竄」:メインキャラクター紹介

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

燦然のソウルスピナ 第三話「聖なる改竄」:メインキャラクター紹介



■第三話:メインキャラクター紹介


□アシュレ(アシュレダウ・バラージェ)

 かつて、エクストラム法王庁にあって最年少での聖騎士昇格を果たし、天才と呼ばれた名門:バラージェ家の御曹司。
 成年こそしているものの、その柔和な顔立ちも相まってどこか少年のような印象を受けることもある。

 だが、その内面はいまや確実に成長し、本編でも英雄としての片鱗を覗かせる。


 

 幾多の激闘を経て共闘者、ひいては最愛のヒトとなった夜魔の姫:シオンと、いまやよき友人、あるいは年上の兄弟のように感じる土蜘蛛の忘却王:イズマとともに、オーバーロード:グランと対決(第一話)。



 そして、その封土であったイグナーシュ領からの逃避行の最中、ファルーシュ海の片隅で邪神:フラーマの漂流寺院に遭遇、その本尊と対峙する(第二話)。

 神話の再現といえるほどの激しい戦いの末、アシュレたちは邪神:フラーマから勝利を捥ぎ取るが、その過程でアシュレは致命的な傷を負う。
 だれしもが、彼の死を確信するほどに。

 だが、その絶望的な状況を、シオンが、その胸を裂き己の臓腑とともに命を流し込むことでつなぎ止めた。

 その献身と奇跡により、アシュレは一命を取り留めるが、イズマの解説によれば次元捻転二重体と呼ばれる特殊な状態で固定されており、具体的には心臓をシオンと共有している模様。

 その恩恵により肉体の再生能力はただの人類に比べ格段に上昇している。
(もはや正しい意味では人類の規格外に属しているかもしれない)

 気候の温暖なカテル島で絶賛療養&リハビリ中。
 もっとも、穏やかな時間はそう長くは続かないのだが。

 なにしろ、アシュレがついこの間まで在籍していた(書類上では、いまだに在籍中)
 エクストラム法王庁は、そんなに甘い組織ではない。

 彼にも追っ手がかかっているのだ。



□シオン(シンザフィル・イオテ・ベリオーニ・ガイゼルロン)
 
 北方の大国にして夜魔の国:ガイゼルロンの第一王女であった。
 現在は父:スカルベリ、国元とも決別。強大無比の聖剣:〈ローズ・アブソリュート〉を佩く。



 グランの征伐を果たしたのち、カテル島へ向かう船上でアシュレへの愛を告白した。
 ちなみに、その直後、同じくアシュレを想うイリスにその事実を告げ、現在事実上の妻妾同衾状態。(公表はしておらず、イリス以外に関係を知るものはいない)

 歳数百年を経た魔女とは思えぬ瑞々しい感性と可憐な女性としての心を《フォーカス》にして聖遺物:〈ハンズ・オブ・グローリー〉で鎧い、今回もまた戦いに身を投じる。

 今時エピソードでも、姫の勇ましくも可愛らしいところが一杯出てくるのではないか、という予想は極めて正しい。


 アシュレとの仲はイリス公認であり、三角関係というより女性同盟軍vsアシュレという様相を呈していて、漂流寺院の一件から体調の優れないイリスからアシュレに関する全権を委任されているらしい。なんのこっちゃ。




 余談だが、彼女は自らの父:スカルベリの暗殺未遂を起こしており、それに伴い反逆者としてガイゼルロンの刺客につけ狙われている。
 もちろん、こう書いたからには出てくるわけだ。
 
 夜魔の騎士、その最精鋭で構築された「月下騎士団」が。



□イズマ(イズマガルム・ヒドゥンヒ)
 
 忘れ去られた古代の土蜘蛛王。



 法王庁からの逃避行、その船上あっては宴会を司り、娯楽を取り仕切り、おもしろいんだか困ったもんなんんだかわからぬ事態を引き起こしてはシオンに呆れられたり、アシュレには感心されたりやっぱり呆れられたり戦慄されたりした。

  

 だが、フラーマの漂流寺院では一転、理知的で理性的、でもやはりちょっぴり以上おかしなマニューバでパーティーの危機を救う。
 アシュレにとっては厄介だが、ここぞというところで頼りになる歳の離れた兄のような存在か?
 
 ただ、物語の後半で小難しい設定を話しはじめる呪いを受けており、そのせいで文芸的な価値を微妙にしたとかとも言われている戦犯(そんなもんあんのか?)

 
「貴様にクレームが来ておるぞ」「おうふ」

 しかたないのだ呪いなのだ。

 ほんとよ?

 今回もカテル島を舞台に面白おかしく立ち回ってくれそうなのだが、実は彼もシオン同様、刺客に狙われている。
 暗殺教団:シビリ・シュメリの凶手:エレとエルマの姉妹に、だ。

 表面は取り繕っていても、件の呪いのせいでかなり内側は弱っているのではないか。
 大丈夫なのか。
 おまけに、アシュレとシオンの関係に気がついた様子もない。
 本当か。




 ……とりあえず、だいじょぶらしい。





□イリス(イリスベルダ・ラクメゾン)

 カテル病院騎士団の看護服も見目麗しい彼女はだが、その実体はかつてのアシュレの幼なじみであったユーニスと、聖遺物管理課で同僚を務めていたアルマが聖遺物:〈デクストラス〉と〈パラグラム〉によって融合を果たした姿。



 エクストラム法王庁からの逃避行の最中、快速船:エポラール号の船上で己の過去、その記憶に襲われるも《意志》の力でこれと対決していくことを宣言した。



 アシュレとは誰もが認める恋人関係にある。



 フラーマの漂流寺院の一件からしばらく、ここ最近体調が優れないようだ。
 ただ、これは重病というわけではない。

 まあ、第二話のラストにどん、と書いているわけで隠すようなことでもないのだが。





□ノーマン(ノーマン・バージェスト・ハーヴェイ)

 前回の事件においてアシュレたち一行を陰ながら支援し、脱出経路を提案した男。
 じつは西方世界の東、ファルーシュ海の果てにある島、カテル病院騎士団の擁する筆頭騎士。



 消滅の力を司る強大無比の《フォーカス》:〈アーマーン〉を所持し、今回も大立ち回りを演じる。といっても、今回の舞台は彼のホームグラウンドであるカテル島であり、そこでの防衛戦闘が主となるのだが。



 頼れる大人の男としてイズマともども、アシュレに生き方の規範を行動で示す。

 イズマとは本人も驚くほどいいコンビだ。
 じつはけっこう面白い男なのである。
 

「あとはこちらでもみ消しておく」「あ、はい」


 カテル島大司教位であるダシュカマリエ・ヤジャスとの関係が、本編であきらかになっていくにつれて、彼の微妙な立場が浮き彫りになる。

 燦然のソウルスピナではたとえ物語的に「善」の側に属していても、それが主人公たちの行く道と同じとは限らない。主人公たちの前に突きつけられ、意識化される問題は「善」では解決できないことも数多い。
 むしろ、「善」であればこそ、立ちはだかる強大な敵となることもある。

 とりあえず、今時エピソードのことではないようだが。










拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター