忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

造って、食べました。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. 腹が減っては…

あ、粒マスタード見てたらソーセージが食べたくなってきました…。

おのれー(ぐぎゅるううううう)

2. 2.粒マスタードしか興味を示さないヒトは

しめます。きゅってかんじで。

ただいまコメントを受けつけておりません。

造って、食べました。

そういえば、食べ物に関してちっとも書いてなかったな、と思い出して、

まずは、ある日の、夕飯デスッ!
前菜のシシトウの揚げびたし! これはウスターソース+出汁+カレー粉につけたヤツ。
タレを器に先に作っておいて、そこに揚げた野菜を入れるだけっ。
秋ならナスビで安定、ピーマンも10月終わりくらいまではおいしい。キノコもオススメですね!
作り置きしとくと、ちょっとした晩酌のお供にも心強い。シシトウ、安いしね。

余ったら、明日のお弁当に!

そして、次はメイン。

じゃーん、豚のスペアリブの煮込み。
今回は醤油とキビ砂糖の甘辛風。トビスケ的には、お肉を2時間煮込むまでは、
「塩分を足さない」を心がけていますよ?
イタリアのリチェッタ(レシピ)には、この手の注釈がけっこうあります。

「お塩(味付け)は最後。なんども味見して少しずつ」
「野菜もお肉も、完全に柔らかくなるまで煮ること」
「茹で野菜、お肉を茹でるとき、煮魚は真水で」
「肉にまだ生の部分があるうちに、他の水分が出るような野菜(たとえばトマト)を入れない」

2番や3番は日本人的には「えっ」と思うような作法なのですが
意外に、これがおいしく仕上がってしまうから、不思議。

イタリアの人々の感性には
「余計な水分を捨てきった後にこそ、本当の食材の薫りや味わいを見いだす」
ところがあるのだとか。

確かに野菜とか「半乾き」にすると味濃くなりますもんね。

まあ、このスペアリブは「芋焼酎」で煮込んでますけどね! HAHAHAHAHA!
鍋一杯に作っておいて三日は食べてます。

最終的にこのスペアリブはケーパーと合わせてパスタのソース(ラグーソース)になりました。
ちょっと太め麺:リングイーネが良く合う!

ただ、ちょっと気になるのは写真の後ろの「マイユのマスタード」のデカさですね。
865g瓶……たぶん、小売店で買えるヤツでは最大じゃないかと?
どんだけ食べる気だよ。

はあ、やっと食べ物で更新できた。

つぎは……、書籍とかでいきますか!

拍手[0回]

PR

コメント

1. 腹が減っては…

あ、粒マスタード見てたらソーセージが食べたくなってきました…。

おのれー(ぐぎゅるううううう)

2. 2.粒マスタードしか興味を示さないヒトは

しめます。きゅってかんじで。

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター