忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

燦然のソウルスピナ 第三話・第十四夜:フィティウマの家紋

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

燦然のソウルスピナ 第三話・第十四夜:フィティウマの家紋



         ※



 氷雪吹きすさぶ夜であった。

 波荒れ狂う海岸に棺桶が流れ着いた。
 全部で九つ。黒塗りに荘厳な銀のレリーフが打ちつけられていた。

 それは押し寄せる波に翻弄されることなく、まっすぐに湾の岸辺を目指した。レリーフは不思議な紋章を形作っていた。二重螺旋の剣にいくつもの爪をあわせたような花弁を持つ高山植物。目の醒めるような美しい青紫の。


 しかし、その花が咲く山々の麓で暮す人々は、この青い花弁を「悪魔の爪」と呼んで恐れる。それはこの花を紋章とする一派こそ、スカルベリ大公率いる夜魔の国:ガイゼルロン大公国だったからだ。

 不思議なことにその柩の群れが向かう先、その周囲では波は静まり、そこだけ鏡のように凪いでいた。まるで波も風も、その一軍に恐怖し、なりを潜めるかのように。

 そして、ついに奇怪な柩の一団が砂浜に接岸した。

 しばらくの間があった。波も風もその周囲だけ喪に服したかのように静まり返った。

 どれくらいしただろう。

 出し抜けにがちり、という重い錠の外れる音が響き、その柩が開いた。

 そして、姿を現す者があった。
 まず九つのうち五つが同時にその蓋を押し開けた。
 姿を現したのは夜会服に身を包んだ美男美女であった。男達は洗練されたスーツに身を包み、みな首筋をスカーフで隙なく巻きしめていたが、そのだれもが一目見て戦士として卓抜した美丈夫たちであった。

 これが五名。

 美女やたちもまた首筋まで覆うカットラインの美しい夜会服に着飾り、それぞれが首から大ぶりのルビーやサファイアの首飾りを身に付けていた。
 豊かな胸乳が、肌もうかがわせぬドレスの外側からでも確認できる艶やかさだったが、隙のない身のこなしと背筋に現われる鋭角な肉の陰影が、このふたりの美女もまた恐ろしい刺客であることを如実に示していた。


 そう、彼らこそガイゼルロンの名を人類国家に恐怖の代名詞として知らしめてきた戦闘集団:月下騎士団であったのだ。

 彼ら彼女らには必ず半裸の少年少女たちが一名ずつ、付き従っていた。

 薄絹とストールだけを羽織ることを許された子供たちは、主人である騎士たちを旅の間、暖め、その無聊を慰めるための道具であった。目を凝らして見れば忠誠を誓い、所有物となった証の首輪が見てとれたはずだ。

 無論、そのいずれもがすでに人外のものたちである。年齢も外見の通りではない。
 五人の従者たちは、まるで白い亡霊のように残された柩に向かった。

 残された柩のうち、三つが開け放たれた。
 ぞろり、とそのうちふたつの柩から獣が這い出してきた。

 巨大な灰色オオカミが都合、四頭。
 これもまた、月下騎士のワイルドハントに付き従うものたちであった。

 金色の瞳が闇夜に光を放った。
 野生のオオカミはそれだけで充分に恐ろしい狩猟者であるが、彼らはその血筋を人狼に持ち、また夜魔の血肉を与えられた――夜魔特有の再生する肉体を、永劫に渡り狼に貪らせる恐るべき刑罰:イフ城地下でのそれに専従し続けてきた――血統であった。結果として、人狼の血筋に夜魔の特性を受け継いだ恐るべき混淆種(ハイブリッド)として彼らは生を受けたのだ。


 そして、彼らすべての陣容が整って初めて、最後のひとつがその扉を開け放たれた。

 まず、同じく少年従者が三名、柩から現われた。

 彼らがかしずくと、柩の縁に白手袋に包まれた手がかかり、ぐう、と男がベルベットの内張から身を起した。

 長身であった。
 鷲鼻に薄いあごひげ。秀でた額を強調するように太い毛質の頭髪をなでつけていた。はっきりとした眉の下、奥まった眼窩にはまった深紅の瞳が燃えていた。


 こおう、と呼気が蒸気となってその唇から漏れた。鋭く発達した犬歯が見えた。

 酷薄な印象を与える薄い唇が笑みのカタチをとっていた。
 紛うことなき偉丈夫が立ち上がった。

「よく、冷えているではないか。わが故郷:ガイゼルロンのゼクト(瓶内で二次発酵をを行う発泡ワイン)のような冷え方とは違うが」
 なかなかに素晴らしい天気だ、と偉丈夫は言った。

 先ほどの半裸の少年従者三人が、うやうやしく防寒具を捧げた。
 クロテンのそれを偉丈夫の紳士は馴れた仕草で羽織った。

 紳士はその名をヴァイデルナッハ・ゲデア・ハイネヴェイルといった。

 ガイゼルロンに三つある伯爵家のうちのひとつに繋がる男である。
 すなわち、かなりの上級夜魔ということだ。

 このヴァイデルナッハ=ヴァイツと愛称される上位夜魔を司令官に、旗下五名、従者八名、軍狼四頭、これがガイゼルロン本国より反逆者シオンを討ち取るために今宵派兵された全戦力であった。

 柩は沖合を擦過した霧の軍船から送り出された強襲揚陸艇であったのだ。
 これは相手が《スピンドル》能力者でないならば、大国の軍事遠征をまるまる平らげてしまえるだけの戦力だ。


 それほどまでにシオンと彼女の操る聖剣:〈ローズ・アブソリュート〉は恐れられていたのだ。

 この数百年、幾度となく送られた刺客のそのことごとくをシオンは下していたし、侯爵・伯爵級の上位夜魔を従者と目される土蜘蛛の男の助けがあったとはいえ、各一名を抹殺している。

 中途半端な戦力投下では効果があるまい、というのがヴァイツの見立てであり、騎士団中枢へ進言した内容であった。伯爵家の血筋としては苦々しいことこの上ないが、現実を認められなくなれば、それでは古い因習にとらわれた老人たちと同じ轍を踏むことになる。


 そして、ヴァイツは現実(いま)を楽しむ気質の持ち主だった。

 オオカミたちの出現とともに開け放たれた空の柩の奥の暗がり――《シャドウ・クローク》と呼ばれる屈折空間――から剣を引き抜きながらヴァイツは言った。

「さて、我が親愛なる月下騎士団精鋭の諸君。絶好の狩り日和だ」
 朗々としたヴァイツの声に、賛同の笑いが満ちた。雪はいっそう激しさを増していたが夜魔の騎士たちは濡れる様子もなかった。

「聞き及んでいるとは思うが、今宵の獲物は美しい雌鹿だ。それと、虫のオマケもついている」
 雌鹿とはシオンのことであり、虫とはおそらく土蜘蛛の男:イズマを指しているのだろう。イズマが聞いたら目を剥いて怒りを表明したことだろう。

「獲物の雌鹿は、貴種として生まれながら、恥知らずにも人類などという家畜に加担する反逆者にして殺戮狂:シオンザフィルである。

 その手にかかった我が血族の者たちの数は、両手では数え切れん。そこには敬愛すべき侯爵、伯爵もひとりずつ含まれている。これは高貴なる我が血統に対する大いなる侮辱である。


 畏くも、我が絶対なる君主であるスカルベリ大公殿下は、この反逆者に対し、ついに我ら月下騎士団:残月大隊の投入を決定された。

 むろん、この追討に関しては対象の生死を問わない。
 
 また、その際の吸血・捕食、そこにいたるあらゆる行動が、すでに認可されている。
 つまり、捕らえた者は獲物のすべてを自由にできるということだ。その一切に、たとえ諸君の上官であるわたしといえど、口を挟むことはできない。


 すべては、それを先んじて成し遂げた者の権利。端的に言えば、早い者勝ち――達成者の総取りだ」

 ちなみに、と美食についての知識を披露するように、厳かな口調でヴァイツは言った。

「シオンザフィルは、これ以上ないほどに美しい獲物だ。
 その美は、我ら夜魔の血統においても類い稀なるものだ。その血も甘美であろうことは、わたしが保証しよう。

 そして、前菜に人間たちを蹂躙するのも心地よいものだ。

 我らが残月大隊のナイトハントはひさしぶりだ。ああ、言うまでもないことだが邪魔な土蜘蛛――虫は踏みつぶせ」


 諸君、励めよ? そう言い放ち、自身の演説と冗談が充分に隊に行き渡り志気高揚の効果があったことを認めて、ヴァイツは顔を引き締めた。口調が変わる。

「さて、寝起きの挨拶はこれぐらいにしよう」
 大隊指令の顔つきとなる。

「だが、くれぐれも敵を侮るな。

 忌まわしき邪剣:〈ローズ・アブソリュート〉は、危険極まりない呪われし出自の剣だ。
 その刃に侯爵、伯爵それぞれひとりが倒れたことを忘れるな。
 
 その刃は触れただけで我らの肌を焼く。貫かれれば、いかに純血の夜魔である我々とてただでは済まん。臓腑を灼かれ、心の臓を燃やされる苦しみが待っている。


 獲物は美しい、しかし、その角は剣呑だ。

 怠るな。しかし、臆するな。冷酷に、慈悲の心を捨て、追い詰めろ。
 我が血が感じるのだ。震えて。やつは、反逆者:シオンザフィルはすぐ間近にいる!
 騎士たちよ油断するな!

 月が見ていること、そして月下には我らがあることを忘れ安眠を貪る愚鈍な人類どもに思い出させてやれ! 愚かな家畜とそれに加担する反逆者に、我らの牙の味を思いしらせてやれ!」

 ぞろり、とその言葉が終わらぬうちにヴァイツの手にした風変わりなボア・スピアソードの峰に牙のような突起が芽吹いた。

〈ヴァララール〉と名づけられたその片刃・異貌の剣は、ヴァイツの属する血統:ハイネヴェイル家に受け継がれた品――《フォーカス》であった。

 代々王の狩りの供を務めるハイネヴェイル家の武器らしく馬上から獲物を突き刺すのに適した特徴と美しく装飾された外観に、ひとたび相手に突き立てば用意には抜けぬ凶悪さを兼ね備えた代物だった。


 司令官であるヴァイツの激に応じるように、月下騎士のそれぞれが、柩から刃とこれもまた独特の様式美に彩られた弩を手にしようとした。


 その、瞬間だった。


 ごうらん、と大気が吠えた。

 それは文字通り雷竜の憤怒を思わせた。
 ――《ラス・オブ・サンダードレイクズ》。アシュレの持つ竜槍:〈シヴニール〉が放った地上の雷霆だった。青白く燃える超高熱の粒子が暗闇を裂き、網膜を焼いて夜魔の軍勢に襲いかかったのだ。

 ヴァイツがそれを躱せたのは、獲物であるはずのシオンと己の血が起した共振、その接近を告げる本能的な警告が一瞬速く身を逸らさせたからに過ぎなかった。

 月下騎士のうち二名、従者四名、軍狼二頭が閃光のなかで消滅した。

 優に一万度を超える焦点温度を発生させる〈シヴニール〉の光条だ。

 《閉鎖回廊》を纏うオーバーロード級の最上位種でない限り、いかに強大な再生能力を誇る夜魔といえども直撃を喰らってしまっては、瞬時に骨まで蒸散するほかない。


「卑怯な!」
 思わず口をついて出たヴァイツの呪詛は、しかし、続いて着弾した粒子が引き起こす水蒸気爆発によってかき消された。


         ※


 第一射を放った直後、アシュレは即座に移動を開始した。

 強力な長距離砲撃である《ラス・オブ・サンダードレイクズ》は速射できるような技ではない。そもそも《閉鎖回廊》外では精度の安定しない大技である。

 それがこのカテル島で運用できることに、アシュレは驚き、戸惑った。だが、数カ月前のアシュレならばともかく、すでに死地を二度も潜ってきたのだ。
 その修羅場からの生還が《スピンドル》能力者としてのアシュレに《スピンドル》励起に関する莫大な経験値を授けていた。


 原因・理由は不明でも、《閉鎖回廊》外では安定しないはずの《スピンドル》が、なんの支障もなく運用できるのであれば、そして夜魔相手に千載一遇の狙撃のチャンスがあるのであれば躊躇することはない――かつて、聖騎士の最年少として期待されていたころであるなら、選択肢にさえなかったであろう攻撃を、アシュレは躊躇なく選び取った。

 それが自らの存在を法王庁の特使たちに高らかに誇示することになろうとも。

 そして、不意打ちである一撃目はともかく、それ以上の追い討ちは逆に危険だと告げる戦士の勘を、すでにアシュレは戦場から学び取っていたのだ。

 それはイグナーシュ領で、降臨王:グランの分体:投影(プロジェクタイル)を狙撃した経験からであった。

 愛馬:ヴィトライオンの腹に蹴りを入れると気心知れた軍馬は間髪入れず駆け出した。

 数秒後、つい先ほどまでアシュレたちが陣取っていた岩陰が飛来する深紅の刃の群れによって粉々に砕け散った。


 それこそは狙撃点を狙って打ち込まれたヴァイツの反撃だった。

《ブラッディ・ファング》。

 ヴァイツが手にする《フォーカス》:〈ヴァララール〉が、ヴァイツの掌に潜り込み、体内に溜め込んでいた血液を超音速で加速し打ち出したのだ。音速の数倍の速度で発される血液の刃は鋼鉄の装甲をやすやすと両断することができる。


 もちろんアシュレの〈シヴニール〉に匹敵するほど長い射程を持っているわけではないのだから、それはヴァイツがアシュレの狙撃に瞬応し急速に接近しながら打ちかかってきたことを示していた。

 水蒸気爆発に飲まれたはずの月下騎士の反応速度、そして、それがいまだに生存しているという証拠に、距離を取り振り返ったアシュレはぞっとした。

 そして、もうもうと砂塵を巻き上げるかつて岩塊があったであろう場所に、ふたつの影が飛び込んでくるのを見た。

 アシュレに捕らえることができたのは、影までだった。

 刹那、白銀の煌めきが横合いから迸り出て、砂塵舞うエリアごとその影を薙ぎ払ったからだ。

 飛び込んできた影は月下騎士に率いられた軍狼の一頭と、この部隊を率いる夜魔の首領=ヴァイツであった。

 夜魔の種族的異能:《影渡り》によって瞬間的に間合いを詰めてきたのだ。

 通常の軍隊であれば指揮官がこれほど突出したりはしない。

 しかし、己の再生能力に信を置く夜魔の軍勢では、組織的な戦闘行動より個人技による戦い、そして栄誉が優先される傾向が強い。


 ゆえに、屈辱的な不意打ちに対し騎士として反射的に、直情的な反撃をヴァイツは行った。

 そして、数秒前までアシュレのいた場所へ飛び込んできたふたつの影――ヴァイツと軍狼を薙ぎ払った白銀の煌めきこそ、シオンの放った異能:《プラズマティック・アルジェント》――聖剣:〈ローズ・アブソリュート〉が生み出した恐るべきエネルギー奔流であった。

 この策略はシオンによるものだった。

 経験上、特に人類を相手取るとき、月下騎士団は、常に「狩る側」であり圧倒的な戦力を持って「蹂躙する側」であったことしか記憶されていない――その思い上がり、傲慢を利用して相手の高く伸びた鼻をへし折れば、必ずこちらの思惑に沿って行動してくる。

 シオンはそう言った。

 数百年に渡る逃亡生活で経験を得たのは、追う側だけではなかったのだ。

 技を放ち終えたシオンが、ヴィトライオンに跨がるアシュレに向かって駆けてきた。

 強大無比の広範囲殲滅型異能を得意とする聖剣:〈ローズ・アブソリュート〉とそれを扱うための聖遺物:〈ハンズ・オブ・グローリー〉は、その着用者に文字通り究極に近い攻撃能力を授けるが、その代償として夜魔であるシオンが失ったものは夜魔特有の異能:《影渡り》――一種のショートテレポート――による圧倒的な移動能力だった。

 アシュレとその愛馬であるヴィトライオンは、失われた機動性を補うための手段としてでもあったのだ。

「シオン、こっちだ!」
 馬首を巡らし、手を伸ばしてアシュレはシオンを迎えようとした。

 瞬間、《プラズマティック・アルジェント》の着弾地点、もうもうと巻き上がる土煙の渦中から深紅の刃がシオンの走るルートを先読みして置くように放たれたのをアシュレは見た。

 言葉で伝達していたなら、その回避は間に合わなかったであろう。

 アシュレは瞬間的にシオンの感覚野に“同調”していた。それはすでに心臓をはじめとする重要な臓器を共有しているふたりだからこそ可能な奇跡であった。

 抜き放たれた〈ローズ・アブソリュート〉を、シオンが雷光の速さで振り抜いた。まるで地面に刃先を突き立て、切り裂くように。
 そのまま自身は倒れ込むように跳躍し、棒高跳びの要領で宙を舞った。


 電磁網で闇夜に尾を引きながら展開した刃の群れが、シオンをアシュレの元へ運ぶ一方で、その切っ先がつい先ほどまでシオンの足先が運ばれるであろう場所へと打ち込まれた深紅の凶刃を叩き潰した。

 じゅう、と叩きつぶされた刃が、焼けた鉄に押し当てられた肉塊のような音を立てた。

 いや、それは実際に肉片であった。

 月下騎士:残月大隊の一角を担うヴァイツが携える剣:〈ヴァララール〉は特異な性能を秘めていた。その柄と護拳は装着・起動と同時に使用者の肉体と同化する。護拳の内側に備える牙と舌を使用者の体内に潜り込ませ、血液と肉を食み、我がものとする。

 文字通り、剣がその肉体の延長となるのだ。

 そして、その刃を通して振われる異能は、使用者の血液や肉体そのものを弾丸のように撃ち出すものであった。

 人間が振えば肉体の構成要素を内側から失い、早晩死に至る、文字通り魔剣である。
 いや、おそらくほとんどの人型生物にはまともに扱えない特性――重大な欠陥であるはずだった。ただ一種、恐るべき速度で肉体を再生しうる夜魔を除いては。


 つまり、〈ヴァララール〉は夜魔の肉体を得て、ほとんど無尽蔵の弾薬庫を備える危険極まりない鏖殺兵器として完成するのだ。

 そして、たったいま撃ち込まれた凶刃はヴァイツの肉体を、対象の肉に食い込み、同化異化させる最悪の足枷――《グルートニー・クイルズ》として再構成した射出式の罠であった。

 対象の肉体に撃ち込まれた《グルートニー・クイルズ》は急速に同化異化し、癌細胞のように対象の肉体から建材――すなわち血液やカルシウム、たんぱく質を奪い去り肉体の自由を奪う。

 早期に切開するか、その部分を切断すれば助かるが、失われた手足は高位の治療系異能でなければ戻らないし、なにより重要な器官であれば切除そのものが不可能なのだ。
 夜魔であれば少々の損壊は再生するが、戦場で部位を切断するような暇が簡単に得られるとは思えない。


 もっとも、シオンの携える〈ローズ・アブソリュート〉であれば容易であったかもしれない。ただ、その場合、〈ローズ・アブソリュート〉による傷は上級夜魔でも再生不可能だということを考慮しなければならない。

 まさしく最悪の攻撃を、しかし、シオンはすんでのところで回避したのだ。

 アシュレは修道女の装いをはためかせて腕の中に迷わず飛び込んできたシオンをキャッチすると、ヴィトライオンを促し、駆けはじめた。

 一瞬の攻防の間に、アシュレは冷たい汗をかいていた。


「いまのを、躱したのか」
 その驚愕はアシュレ、そして、《グルートニー・クイルズ》を放ったヴァイツとが共有した感情だった。

 完全なタイミングだったはずの《プラズマティック・アルジェント》、そのエネルギー乱流を、そして背後からの《グルートニー・クイルズ》を、ヴァイツは、シオンは、互いに回避して見せたのだ。姿こそ確認できなかったが、土煙のその向こう側から正確にシオンの足元を狙ってきたヴァイツの実力にアシュレは肝を冷やしたのだ。

 これが、夜魔の騎士たちの攻防か、と。

 ヴィトライオンは疾風のごとき速度で走った。
 だが、まだアシュレは気づいていない。

 月もなく星も見えないこの嵐の闇夜にあって、アシュレ自身がなぜか闇を見通せている事実に。


 ヴィトライオンはあらかじめ想定していた交戦地点(エンゲージ・ポイント)へと向かって走る。



 射かけられた鏃と中規模攻撃用の異能の嵐を、すり抜けるように躱しながら。


















拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター