忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

燦然のソウルスピナ 第一話:キャラクター紹介

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

燦然のソウルスピナ 第一話:キャラクター紹介

■ 燦然のソウルスピナ 第一話:竜槍のアシュレ・聖剣のシオン——降臨王のデクストラス

□ 登場人物

□本編の主人公:聖騎士・アシュレダウ(アシュレ)・バラージェ
 

エクストラム法王庁・聖遺物管理課に所属する。弱冠18歳で聖騎士に叙任された天才。
エクストラムの名門貴族・バラージェ家の一人息子。
竜槍(神槍ともいう):シヴニールと聖盾:ブランヴェルを使いこなす。
法王庁の聖遺物管理保管庫に忍び込んだ賊を追い、幼なじみのユーニスとともに
聖遺物奪還の任に着くが、その先——地獄と化した旧イグナーシュ領で
彼を待ちかまえていたのは、あまりに残酷すぎる現実であった。
しかし、彼はそれに立ち向かう。
己の意志の力——<スピンドル>を、その頼りとして。

正義感、責任感が強く、また誠実で人の信頼を自然と得ることのできる性根を持つ。
かといって杓子定規で頭の固いお役人気質とは違い、柔軟で、臨機応変な対応もできる。
ただし、貴族の御曹司らしく世間知らずなところがあり、また、柔和な性格のため、
厄介事や面倒ごとに巻き込まれやすい性格である。
幼なじみのユーニスとは(非公式だが)相思相愛。


□夜魔の姫・シオンザフィル(シオン)・イオテ・ベリオーニ・(ガイゼルロン)

 
齢四百歳を超える夜魔の姫。その血統の由緒正しさは夜魔の大公のひとりにして
真祖:
スカルベリ・ベリオーニの愛娘であることからも明らか。
ゆえあって、夜魔の同胞からは離反・敵対している。
夜魔を始めとする闇の氏族は触れただけで肌が爛れ落ちるといわれる聖剣:
ローズ・アブソリュートを用いて凄絶な剣技を振るう。
聖遺物のひとつ:ハンズ・オブ・グローリーを得るため、法王庁に潜入する。

ノーブリス・オブリージュを地で行く気高き姫君。
年齢を重ねているとは思えないみずみずしい感性の持ち主で、常に意識的に厳しさで
鎧ってはいるがその実、慈悲深すぎるほどに優しく、可憐な性格をしている。
かつて、盟友であったひとりの聖騎士と死に別れて以来、人類のなかでも
「聖騎士は特別」と考える傾向がある。



□土蜘蛛の男:イズマガルム(イズマ)・ヒドゥンヒ

  

土蜘蛛の王を自称する男。謀略、策略に通じ、ほぼ的中という占術を駆使し立ち回る。
夜魔の姫:シオンと聖騎士:アシュレの間に立ち、その界面活性剤的役割を果たすが、
上記のイラストは格好をつけているだけであり、真実は、
   
このようなギャグ畑の男。
変態的な言動とおかしなアイテムを駆使してお話を(そして脳も)暖めてくれる
ありがたい存在。ありがたや。

シオンへの好意を人目も外聞もはばからず口にするが、行動には起こせないヘタリア。
そのくせアシュレには兄貴分として立ち回ろうとする、ようするに情けないヒト。
一応、土蜘蛛も夜魔と並ぶ人類の仇敵のはずだが、あまりのアレさにアシュレから
ヘイトを外されるという特異な存在。
乗騎は「脚長羊(ムー・ムー)という特殊な生き物で(上記、イズマの背面参照)、
こいつも気がつくと画面の端にいる。ふしぎ。




拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター