忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

ラノベしてみる:ムーンシャイン・ロマンシング

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ラノベしてみる:ムーンシャイン・ロマンシング

さて、創作ファンタジーをメインに扱うボクたちのブログ
「自走式空想会社:クルーシブル」はお楽しみいただけてますか?

え? メインに据えてある「燦然のソウルスピナ」はちとヘヴィーだぜ?
どこがラノベ調なんだよ?

はい、わかります。

文体自体簡潔に、読みやすくを心がけているもののやはり
「大戦乱」「世界の根幹を揺るがす事件」「英雄譚」といったテーマを取り扱う以上、
あまり「軽く」はできない部分があるのです。
もっとも、その壁を突破できるヒトが「ラノベ小説家」なのかもしれませんが。
うらやますぃ。

閑話休題。

ただ、ご指摘のように、「燦然のソウルスピナ」が重いだろうな、という予測は、
事前にまほそとも立てておりまして、
もっと、ずっと軽い(そして速い)作品を平行で仕上げようよ、というプランはあったのです。

いわく、時代小説の大家:池波正太郎先生の「剣客商売」のように
「早く」そして「速く」そして「疾い」物語、それも軽やかでしなやかな物語 ——。

まあ、だいたいこの手のプランは構想だけで終わるものなのですが。
終わりませんでした。

連休を狙って古本をそろえ(海にも山にも出かけず)、むさぼるように件の「剣客商売」を
読み込み、そこに「ラブラブ」とか「転落人性」とか「非殺宣言」とか「ワイン醸造」とかを
混ぜ込んだ結果 ——とてつもない冒険が生まれたようだゼ?

いや、そんなにわかJOJOファンはいりませんが。

ともかく、制作総日数(実働)で二十日かからずに三話からなるラノベ(?)小説群が
完成しました。

ので、それもまた、ここで公開させていただこうと思います。
いわゆる本家である「燦然のソウルスピナ」と同じ世界観、ほぼ同じ時間軸を取り扱った物語
ですが、この「ムーンシャイン・ロマンシング」のほうは、本家から「ヒロイック」を抜いて
「ラブラブ」をメインに据えた物語群となっております。

本編同様、R-18とは申しませんが、やはりCERO「D」程度の内容ではあるかと存じます。
(主にラブラブ方面で)

個人的には「これが甘さの限界!」というくらい甘くしてありますので、
そういう方向がお好きな方こそ、お読みになられてください。
また「燦然のソウルスピナ」の世界観を増補する内容にもなっております。
「ま、オレはそういう甘いのは好きじゃねえんだが(チラッ、チラッ)」
というような一見硬派な(笑)紳士に意外とお勧めです。
一話目はともかく、二話目以降はしっかりとビター・フィリングを忍ばせてありますから。

ただし、あまりの早業だったために(ラノベ単行本1冊分を正味18日)、イラストが一枚も
でき上がっておりません。(おおーい! まほそさーん!?) 

しばらくの間は文字原稿のみとなりますが、やがて画稿が揃い始めましたら、
順次UPさせていただこうと考えております。

また、タイトルの「ムーンシャイン=密造酒を表す隠語」で「ピン」と来られた方も
あるかと存じますが、この三作、「お酒(それもワイン)」がかなり重要な要素と
なっております。
もしかしたら、未成年の方には通じづらい部分があるかもしれません。
すでにでき上がってしまった作品を変えることはできませんが、
コメントいただけたら、今後の作品の参考にさせていただこうと思います。
よろしければ一言書き添えてくださいませ。

なんにせよ、本編より軽めの(一話完結型でラノベフォーマット平均70P程度)を
お望みの方=以降は「ムーンシャイン・ロマンシング」カテゴリーをチェックして
みてください。

では、長い序文、紹介文——トビスケでした。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター