忍者ブログ

自走式空想会社:クルーシブル

二匹の空想生命体・トビスケとまほそがファンタジーを創ったり、おいしいご飯を食べたりするブログ。

なぜ、なぜ、いままで、オレはッ:廣岡(広岡)精肉店のメンチカツ!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

なぜ、なぜ、いままで、オレはッ:廣岡(広岡)精肉店のメンチカツ!

先に言っておく。

こいつはある食い物と、それを49年間も作り続けてきたちっこい精肉店の話だ。
おまけに大阪市南部の、ローカルな商店街の中だから、他地域の方々は、

「へー、あ、そう」
「すごそうだけど、それのためにわざわざ大阪は遠いね」

と反応されるだろう。

だからカテゴリ「うまそう:うまかった」に入れなかった。再現性が限定的過ぎるからだ。

これは、だからオレの個人的なリスペクトに過ぎない。
それでも構わないというヒトだけ、読んでくれ。


ある休日の午後のことだ。

すごい画集だわ!:Visions of war (the art of Wayne Reynolds)

を手に入れ、上機嫌のオレは軽い朝飯のあと、ブログを書いていた。

言うまでもないことだが、適度な知的活動は空腹を誘発する。

買い置きのカップ麺にするか、一手間かけてマルちゃんの蒸し焼きそばをつくるか、
それは微妙なところだった。

だが、いつもなら、それらインドア派の常食であるはずの食物をオレ、いや、
オレたちは華麗かつ無謀にも、スルーした。

「この近くに、それはすばらしいメンチカツを売る肉屋があるそうな」
「それですっ、老師ッ!(注・CV;まほそ)」


つかっけを履いて、でかけたとさ。

んで、往復30分  

こっ、これはッ!



メンチカツ×4 コロッケ×2 が現れた! おいおい、このボリュームで560円かよ! 

もちろん、ビールとやった。和辛子つけて。醤油もソースもいらん。

結論を言う。後悔した。


なぜっ、なぜっ、オレはいままで、

           この店を知らなかったんだ!


「かわいそうに、あんたモグリだな?(CV:コブラ)」

これが、男という名の物語なのかッ?! 教えてくれッ、サイコガンッ!!
許されるはずもないpiece&loveか!

うますぎるわ!

とにかくバランスがいいんだ! 衣のさくさくと厚すぎないミンチ。
肉汁が垂れるいわゆるnewウェーブ型のパテではなく、洋食の基本に忠実な
「口のなかでしっとり」型。

タマネギも甘すぎず、くどさは皆無で、
成人男性なら4つ、5つくらい、ぺろりと食べれるんじゃないか?

コロッケもじゃがいもベースの基本型。
でもコショウがガツンと効いていて、子供っぽい印象は絶無。
さっぱりと後味を引き締めてくれている。

メンチカツ×2 コロッケ×1をまほそとトビスケ、各々が瞬く間に完食!

そして、ちっとも、モタれない!

老舗の、伝統の恐ろしさを、骨身に(主に胃袋で)味わったぜ!


感動だッ、感動の繰り返しだよぉッ!


ちょっと、もう一個、買ってきます!

拍手[2回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
まほそとトビスケ
性別:
非公開
職業:
空想生物
趣味:
創ることと食べること

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[06/03 Smithd276]
[04/25 Smithd175]
[11/21 トビスケ]
[11/20 すまちー]
[10/27 トビスケ]

最新トラックバック

ブログ内検索

リンク

P R

忍者カウンター